×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2011年10月30日:2011秋・北海道旅行(第6日目・前半)〜室蘭本線電化区間での撮影(1)〜

 2011年10月25日〜30日の旅行記録、第6日目(最終日)、いよいよ最終日は千歳空港からの帰京を睨みつつ、太平洋側で撮影します。寝台特急、貨物列車、711系電車がターゲットになります。本当は噴火湾沿い(東室蘭以西)の非電化区間の撮影もしたかったのですが、日程の都合と、711系を撮影したいという思いで電化区間での撮影になります。レンタカーを予約する前は、前日札幌で車を返してしまい、この日は鉄道移動と考えていたのですが、シーズン外なこともあってレンタカーがそれほど費用で変わらなかったので、最終日も引き続き車で移動します。苫小牧ベースで千歳まで、大した距離を移動するのではありませんが、数が多めなので、2部構成です。


 起きてから国道36号を西に、室蘭方面へ向かいます。まずは、社台〜白老で、寝台特急メインの撮影です。


 室蘭始発初列車の421Dから撮影開始。準備ができていれば、この前に工臨が通過したので撮影できたのですけどね。(2011/10/30 社台〜白老)


 スーパー北斗2号。踏切はさんで上り列車の撮影もできました。(2011/10/30 社台〜白老)


 手稲始発の2726Mは、3ドアのS107編成。既に前々日の運用で旧塗装が来ないことは分かっていたので、そういうネタ的なことはなく、普通の姿の撮影になります。朝なので逆光になるところ、この日は曇っていたので、気にする必要はありません。(2011/10/30 社台〜白老)


 この日の本命その1、8001レ。トワイライトエクスプレスです。関西圏では新疋田などで、また鯨波近辺でも撮影していますが、勿論北の大地では初めて。DD51の重連というところも含めて、やっと撮影できた、という思いです。(2011/10/30 社台〜白老)


 後追いで、最後部も。直線区間で撮影すると、断面の違うスシ24が目立って見えました。(2011/10/30 社台〜白老)


 3057レ。期待するのはDD51ですが、こればかりはちょっと撮影目的の北海道としては遅すぎで、定期列車は軒並みDF200です。(2011/10/30 社台〜白老)


 すずらん3号。定期列車は基本的に785系限定で789系は入らないので、785系の撮影が稼げます。この編成はトップナンバー編成。(2011/10/30 社台〜白老)


 427M。千歳線直通の711系は上にある2726Mと下り最終の2本のみで入出庫絡みになるので、それ以外は苫小牧以西に閉じた列車ばかり。なので、充当編成もあまりいないわけですが、こちらの編成は冷房付2ドアだったので、形態は違う編成で助かりました。(2011/10/30 社台〜白老)


 早くも函館からのスーパー北斗1号がやって来ました。この時間帯は少し晴れていて、順光が眩しく、キハ281のボディも輝いていました。(2011/10/30 社台〜白老)


 上りスーパー北斗6号。現在事故等の影響から一般客が前面貫通扉で前被りをすることはできなくなりましたが、この列車の前面は保線?職員の方が立っているのが見えました。(2011/10/30 社台〜白老)


 3061レ。勿論、DF200牽引。(2011/10/30 社台〜白老)


 本当は出したくない写真なのですが・・・北斗星です。この位置では、被りや被り寸前とかの情報は手に入れていたのですが、この日は丸被り。後ろから貨物列車が来ているのですがろくにピントも合わせずとりあえずシャッターを切りました。トリミング等補正はしましたが、とても縮小前のサイズで見るのは恥ずかしいです。(2011/10/30 社台〜白老)


 被ったのは、貨物列車。ということで、北斗星よりも編成が長く、後追いも望遠で微妙な撮影をしただけです。後悔しているので、次は被られない場所で撮影を。(2011/10/30 社台〜白老)


 2051レ。勿論(以下略。(2011/10/30 社台〜白老)

 この場所での撮影はここで終了し、ここからそうは離れてはいませんが次の場所へ移動しました。

 短いですが、このまま、第6日目後半に続く。


戻る